五輪グループスタッフ紹介

五輪整骨院のグループ会社とスタッフをご紹介致します。

スタッフ紹介
さいとう整骨院

スタッフ : 鈴木 祥平(すずき しょうへい)

Mail-Attachment

1992年1月9日生まれ。山形県米沢市出身。
米沢市立第一中学校、九里学園高等学校、仙台医健専門学校柔道整復科卒
身長173cm。
趣味:野球、スノーボード

人物

山形県米沢市に鈴木家次男として生まれ高校まで米沢で育つ。
小学校低学年の頃三角ベースに夢中になり、暗くなるまで毎日のように遊ぶ。
小学5年生になり、野球スポーツ少年団に入団。当時の監督を嫌いになる。
中学に入学し軟式野球部に入部。先輩に憧れ目標とし、家での自主練習を欠かさずするようになる。
高校でも野球部に入部し、ここで「感謝」を教わる。
野球の練習より肉体強化に没頭する。
それと同時にランニングにどハマリし、毎日10km以上台風や吹雪の日でも構わず走るようになる。
(自主トレというより自己満足のために走っていた)
過剰な運動のせいか試合中に倒れ、死ぬ寸前までの危険な状態となる。話によると心臓が止まったらしい。
当時消防士を目指していたが、医師に消防士は諦めろと告げられる。
高校卒業後、仙台医健専門学校柔道整復科に進み、柔道整復師としての知識を身につける為 人体のさまざまな構造を知る。
専門でも野球部に入る。遊びのつもりでやろうと思っていたが、県で優勝し全国大会へ行くこととなる。そして初めて大阪を観光する。
中学、高校、専門学校となぜかイジられキャラとして確立し、専門時になぜ自分はイジられてしまうのかを真剣に悩んだことがある。
専門卒業後、リラクゼーションの職に就き、技術やコミュニケーション能力を身につける。
その後、国家試験に合格し五輪接骨院にお世話になる。
今持っている知識、経験を発揮すると同時にさまざまな技術と知識を身につけ、人の役に立てるようにしていきたい。
一覧へ