ブログ
アプローチ

五輪整骨院からの最新情報

院長の独り言(TMJの解剖③)

まず顎の関節を見ていきます。下顎の関節頭が側頭骨の関節窩に納まる部分がTMJ(側頭下顎関節)になります。

関節なのでそれを開く筋肉もあれば閉じる筋肉もあります。当然閉じる筋肉の方が断然強く、代表的なものに咬筋と側頭筋そして内側翼突筋がの3つがあります。

開く方の筋は、下顎に付いた筋群は下の骨(舌骨・胸骨など)に付着し、それらを縮めることで口を開けます。何種類もの筋がいろんな角度から様々な方向に伸びており、それらが同調して下顎を下に引っ張ります。

口が開けられる時は、左右の下顎の支点の部分は前方に回転しながら前に滑り落ちていきます。顎の関節の間には円盤状の軟骨がはさまっていて、支点の(下顎頭)部分と一緒に前方回転しさらに前に移動していきます。(前方回転と前方移動の二段階運動をしています)

この円盤軟骨は外側翼突筋という筋がコントロールしていて、この筋が緊張をすると、口を開いてもいないのに軟骨円盤は前方に位置するため、口を開けようとすると軟骨が邪魔になり、それでも開けようとすると「ガクッ!」とクリック音がなってしまいます。

また、上の歯と下の歯を合わせた線をそのまま後方に引くと、頚椎1番と2番の関節面のラインに重なります。つまり上部頚椎の固着や制限は噛み合わせに影響し、噛み合わせの異常は上部頚椎のねじれを生みます。

口を開ける時は、下顎だけを開けるわけではなく、上顎を含めた頭部もわずかに上へ動きます。この時の頚椎支点は頚椎3番と4番の間になります。

よって、開口制限は関節の円盤軟骨の位置異常か、頚椎3・4番の捻れでも起ります。

そして、顎周辺の筋肉にトリガーポイントを発生させてしまうと、首痛や頭痛や非菌性の歯痛に悩まされることになります。

もうひとつ、顎の機能異常はストレスが大きく関与するため、精神的な問題も一連の症状を出す要因になってしまいます。
一覧へ

アーカイブ

過去のアーカイブはご覧になりたい場合は、上記フォームより読みたい年月を選択して下さい。