ブログ
院長の独り言

五輪整骨院からの最新情報

2019/4/16(火)院長の独り言「グリーンブック」

映画「グリーンブック」を観てきました。

1962年のNYが舞台です。クラブの用心棒であったイタリア系白人トニーが天才黒人ピアニスト、シャーリーのお抱え運転手として雇われました。

2人は2カ月半もの間、アメリカ北部から南部へとコンサートの旅に出ます。

当時は黒人差別が酷い時代、様々な問題が2人の前に立ちはだかります。

喧嘩っ早くて口の悪い運転手トニーではありますが、人の心を巧みに操りながら、真っ向から挑み解決して行きます。

気位の高い黒人をただ見下していたトニーでしたが、徐々にシャーリーのピアニストとしての才能と、彼が受ける黒人としての差別を目の当たりにしながら、徐々に心の結びつきを感じていくのでした。

コンサートの最終日はクリスマスイヴの前日、コンサート会場のレスランで、演奏者であるにも拘らずシャーリーの入館を拒みます。

短気なトニーは支配人を壁に押し付け、なぐりかかろうとしますがシャーリーはそれを制します・・・

ここでシャーリーとトニーは自分たちのプライドを尊重し、その時代の矛盾に対する「NO!」を敢然と突き付けるのでした!


道中シャーリーは、トニーの粗野な愛情表現を理解し、彼の溢れ持つ家族愛にも心打たれます。

互いに心の内をさらけ出すことで、全く接点のなかった2人の友情は育まれていったのでした。

才能ある孤高の黒人ピアニストは、粗野で横暴で陽気なイタリアンに心を開かれ、自信と愛に溢れた人生を果敢に進んで行くのでありました。

2人の友情は生涯続き、シャーリーはピアニストそしてトニーはバーの支配人となり成功を収めました。

優しさは、強さと、立ち向かう勇気に裏付けされるものなのですね!

是非、劇場でご覧ください!


P,S 1962年、私が生まれた時代にアメリカであった実話です。いつの時代も、優しさからしか互いの理解は得られないのだなあ、と思いました。

家族愛があれば、どんな人にも優しくできるんじゃないでしょうか。

そんなことを感じた映画でした(*^_^*)

次は「麻雀放浪記2020」を観たいと思っています。
一覧へ

アーカイブ

過去のアーカイブはご覧になりたい場合は、上記フォームより読みたい年月を選択して下さい。