ブログ
院長の独り言

五輪整骨院からの最新情報

2018/11/16(金)「院長の独り言(職業体験)」

今年もT中学校から「職業体験」の依頼が来ました。

昨年に続き受け入れを承諾した矢先、T二中からも依頼があり、10月と11月に2校から男女計4人が五輪整骨院で「職業体験」することとなりました。

まずはT中から2人の生徒が来院、直前に担当の先生から電話で「1人は脚をケガしておりまして松葉杖をついてそちらに伺いますす!でも運動神経がいい子なんで大丈夫です!」

「ははは!分かりました!宜しくお願い致します!」笑うしかありません(*^_^*)

松葉杖の子はバスケット部、もう一人は水泳部、2人とも部活の成績含めて優秀な学生さんでした。

患者さんが迷わないように先に立って案内し、初めは小さかった声も絞り出すように大きな声であいさつをしてくれました。

座ってテーピングの仕込みをしたり、湿布の作成などしながらも「患者さんに挨拶する時は必ず立って大きな声でね!」の指示にきちんと対応してくれました。

昼はお弁当を持ってくるので、いろんな話しができました。

「先生!メモ持って来てもいいですか?」

「ん?ああ、いいよ(笑)」

嬉しいですね!学校で発表する題材にいいのか、話しの内容を2人でメモり始めました。

最終日にお弁当を食べながらたくさんの質問を受け「逆にこちらから感想を聞きたいけど、二日間どうだった?」

「すごく楽しかったです!」(へー良かった!嬉しいーー!!)

「それと、大腰筋についてもう一度説明して欲しいんですけど!」

「えっ!大腰筋!?」

 

スタッフと顔を見合せながら「いやー大腰筋のことを聞かせてほしいなんて、めちゃ嬉しいよね!ここが一番大事なところって分かってくれるんだ!」

姿勢の維持やパフォーマンスのアップに大切な大腰筋の説明をひとしきりした後「是非これをクラスのみんなに伝えてこの考えを広めてほしい!」

「はい!」嬉しい返事を頂きました。

 

11月に来たT二中は女の子二人。

笑顔の可愛い明るい女の子たちでした。

丁寧に仕事をこなし、挨拶も初めから大きな声で笑顔で患者さんと接してくれました。

やり終える度に「何かほかにお仕事ありますか?」と意欲的に動いてくれました。

木曜日午前中は当グループ院の休診日ですが、毎週研修日を行なっているので、2人にはお昼頃に来てもらって「ストレッチ整体」を受けてもらいました。

4カ月の赤ちゃんをあやしてくれたり、たくさんの業務をこなしてくれて助かりました。

「将来はイルカの調教師になりたいです!」目標が明確で素晴らしい!

2人とも水泳部で東北大会に選ばれて活躍する選手たちです。

これからも楽しんで、部活・勉強に励んでもらいたいですね!

 

P,S 我々の頃は「職業体験」などありませんでしたが、この子たちが大きくなった時に、たくさん話をしたこと・・・スタッフと「覚えてて欲しいよなぁ」

自分が中学の頃を思えば、その日限りの毎日で目一杯だったような・・・

ちなみにうちのスタッフは「第3希望まで全て飲食系にしたんですが・・・」

行かされた?のは・・・「税務署」

今はもう笑い話しです(笑)

 

 
一覧へ

アーカイブ

過去のアーカイブはご覧になりたい場合は、上記フォームより読みたい年月を選択して下さい。