ブログ
アプローチ

五輪整骨院からの最新情報

野球肘

投球時に肘の内側に痛みが出る野球肘は、手首・足首・肩甲骨の各関節を調整することで改善させます。筋膜のアプローチとしては、手~肩~体幹における筋膜ラインの緊張(テンション)をスポーツPNFにて解放(リリース)をしていきます。

次に身体操法として、正拳突きの形から術者が手首を固定し、患者さんの肘を外旋してもらいます。広背筋が作用することで脇がしまり、前腕の橈骨・尺骨がクロスすることで肘本来の動きが再現されます。何度か繰り返すことで肘のひっかかりが取れ痛みは更に改善します。

オーバーユースによる筋疲労は神経の反射も使って筋自体を緩めていきますが、関節の調整や筋膜のリリースは必須です。

投球時は肘が先巧したスローイング (橈骨・尺骨がクロス) をすることで、肘への負担は激減します。幹部への施術と正しい身体の使い方で野球肘に対処します。

 
一覧へ

アーカイブ

過去のアーカイブはご覧になりたい場合は、上記フォームより読みたい年月を選択して下さい。