ブログ
症例集

五輪整骨院からの最新情報

自律神経失調症

夜寝つけない・動悸やめまいがする・顔が火照る・汗がどっと出る・イライラする・手足が冷える・頭痛や肩こり・・・
あなたはどんな症状で悩まされていますか?
「自律神経失調症」の原因は循環不全による「脳への圧迫」と「上部頚椎のねじれ」です。
脳から出た自律神経はほぼ全身に神経をめぐらす為、内臓も含めて様々な症状を引き起こします。
よく言う自律神経失調症とはいったい何が悪くて起こる問題なのでしょう?
脳から出た自律神経があらゆる臓器に神経繊維を伸ばしています。不定愁訴と呼ばれるように、いくつもの症状が折り重なって出現するわけですから、より中枢に問題が隠れているということになります。
特に脳の中でも「脳幹」という生命中枢(呼吸・発汗・体温・・・etc)やホルモン分泌に関わる所は、脳脊髄液の流れが悪くなることで脳圧が上がり自律神経系に問題を起こすことがとても多く見受けられます。
そして首と頭の付け根部分である上部頚椎に問題があっても、延髄への影響から自立神経系に問題を起こしやすくなります。
実際多くの自律神経に悩まされている方々の頭は固いし(本来より大きく重くなっている)、上部頚椎がずれて動きの制限がある人がほとんどです。
それと内臓自体に活力がなくなり、横隔膜の緊張や肋骨の動きが硬くなって呼吸不全も絡んでいます。食事による腸の環境も診る必要もありそうです。
オステオパシーの中でも「自律神経」に特化したメニューでは、脳の圧迫原因になっている脳脊髄液の循環を回復するための全身の筋膜バランスを調整し、上部頚椎をバランスさせることで、快適な日常生活が送れるようメンテナンスを行います。
全身の体液循環は「気」の流れも整います。
気持ちの良い呼吸と快適な目覚めを目指して手当をしてまいります。
一覧へ

アーカイブ

過去のアーカイブはご覧になりたい場合は、上記フォームより読みたい年月を選択して下さい。