ブログ
症例集

五輪整骨院からの最新情報

慢性腰痛

腰痛には様々な病名があります。
「椎間関節症」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」「筋・筋膜性腰痛」「椎間内症」「脊椎分離症」「すべり症」「椎体圧迫骨折」・・・
まずは整形外科的徒手検査でこれらの病態をはっきりとさせます。
(なかには悪性の腫瘍や重篤な疾患をかかえており、手技療法の限界をこえる状態も当然ありえますので、そのような場合には速やかに契約病院への精密検査を依頼します。全ての患者様には必ずこのことを大前提として検査を実施しています。)
病態が把握できたら、次に原因検査に進みます。
なぜこのような腰痛をひき起こしたのか?
ほとんどの腰痛患者に筋膜の歪みや関節の動きの喪失があります。
ほとんどの慢性腰痛はケガのようにぶつけたところが痛くなるわけでなく、筋膜や関節の不全から原因以外のところで腰痛が発症しています。
筋膜の歪みや関節の硬さは他の場所に関連痛として現れます。
痛みをひき起こしている元の筋膜・関節の異常を探し出すのがオステオパシー検査になります。
オステオパシー検査で筋膜や関節の異常が分かり、そこに手を当てて(TL=セラピローカリゼーション)、症状や可動性に変化があれば、まさにそこが原因として施術の対象になります。
また、本来の重力バランスから崩れた身体バランスは骨で身体を支え切らず、筋力で支えようとするため筋緊張性の痛みに発展します。間違った姿勢をもとに戻せない原因となっている、内臓の位置異常や関節包・靭帯の緊張も施術対象となります。
とくに何年も前にケガをした場所(足首の捻挫・尻もち・肋骨の打撲・骨折など)も「膜の歪み」として腰痛の原因になっているケースがたくさんみられます。
慢性腰痛は「しっかりと問診をし」「的確な整形外科的検査で病態を把握し」「オステオパシー的検査で原因を特定し」「腰痛の元である筋膜や関節の硬さを解放(リリース)する」ことで快方に向かって行きます。
最終的には正しい「重力バランス」を取り戻し、再び腰痛を起こさない身体にすることが目標になります。
一覧へ

アーカイブ

過去のアーカイブはご覧になりたい場合は、上記フォームより読みたい年月を選択して下さい。