ブログ
症例集

五輪整骨院からの最新情報

頭痛・肩こり

頭痛には「緊張性頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」を始め、緊急を要す重篤な頭痛もいくつか種類分けされます。
これらは問診により、時間的経過・持続時間・頭痛の性質・頭痛の発症部位・発症経過・他の随伴症状からおよその診断はついてきます。
脳外科に来院される9割の患者さんはMRIによる異常は見られず、「緊張性頭痛」や「頚性頭痛」と診断されることが数多くみられます。
ひどい頭痛で脳外科に検査を受けるほとんどが重篤な問題でなく、頭がい骨の表面をおおう筋肉や筋膜由来の緊張が生み出す頭痛だということは、頭痛で悩む多くは筋緊張が故の問題だということです。(もちろん重篤な問題の可能性がある場合は、病院への早期精査依頼は必須です。)
肩こり由来の頭痛が多いのはみなさんもご存じのことと思います。
では「肩こり」の原因はなんでしょうか?以下に記載してみます。
・猫背などの姿勢の悪さからくるもの
・肩甲骨や頚胸部の動きの悪さからくるもの
・手の疲労が蓄積していて筋膜の緊張が肩に影響しているもの
・鞭打ちやストレートネックなど頸椎の異常からくるもの
・内臓下垂などで腹膜や筋膜に引っ張られて首肩の深部がこっているもの
・顎関節症により身体バランスがくずれ首周辺から広がっている肩こり
・内臓の病理的問題が反射として肩の筋緊張を誘発しているもの
ざっとあげてみてもこれくらいの問題があると「肩こり」は発症します。
肩こりと頚部痛と頭痛はだいたい共通してみられる所見ですので、肩こりを解消した上で頭痛をみていく必要があると思われます。
「緊張性頭痛」は上記の問題を改善していくということにつきます。
基本的に肩こりは、という肩をもむ行為はほぼすることはありません。なぜなら上記のような原因があってやむなく肩の筋肉が頑張って緊張してくれているからです。
ここでは「片頭痛」について考えてみます。
「片頭痛」は拍動性の頭痛を起こし、締め付け型の緊張性頭痛とは発現の仕方が違います。
前兆としてチカチカ光が見えたり一部が見えなくなる閃輝暗点(せんきあんてん)が起こったりします。
肩こりの原因因子を解消しながら、とくに身体の左右のアンバランスを正常に戻していきます。
なぜ「片頭痛」は片側のみ(時に両側)拍動性の疼痛が生じるのでしょうか?
痛みの起こる場所は組織学的に筋膜・硬膜・動脈・骨膜となっています。発生学的に中胚葉由来の組織です。
「片頭痛」の痛みは動脈の怒張が原因です。胸鎖乳突筋の緊張で頸静脈が圧迫されたり、頭蓋の脳圧が上がった時ホルモンの影響などで側頭動脈や後頭動脈などが怒張を起こして拍動性の疼痛が発現します。
「片頭痛」の治療は、脳圧を下げたり、胸鎖乳突筋の緊張を解放するために頸椎を中心とした全身への施術となります。もちろん言うは易し行うは難し。人それぞれに原因をとってバランスさせることは簡単ではありません。原因もいくつも重なっているケースが多くなっています。
しかし頭痛薬を一生飲み続けること自体負担が大きいことです。
頭痛は我慢せずに早めのトリートメントをお勧めします。
一覧へ

アーカイブ

過去のアーカイブはご覧になりたい場合は、上記フォームより読みたい年月を選択して下さい。